以前Martの撮影でも使わせていただき、貼りやすさは保証済み!!幅が53㎝と細いので、女性一人でもめちゃ貼りやすいんです!!


top

DIYショップ「ルームファクトリー」です。

今回のブログは、恒例のお客様のリフォーム実例のご紹介

子ども部屋を模様替えされたAさまから、レポートと施工の様子がわかる
写真が届きました。


とてもおしゃれでかわいいリフォームですので、ぜひ参考にしてくださいね。

■柄物の壁紙で楽しく冒険!

ところで、皆さんの家の部屋の壁紙を見てみてください。
無地ですか?
それとも、柄が入っていますか?

日本の壁紙は、白っぽい無地が多いですね・・・

また、柄が入っている場合もいわゆる「地模様」で、無地のように見える壁がほとんどではないでしょうか。

Aさまは、2種類のプレミアムウォールデコシートを使用されました。

1つ目は、こちらのかわいいフレーム柄。↓↓↓

◇品番 P-WA401
プレミアムウォールデコシート(フレーム/モノトーン)
 
さまざまなフレーム(額)のイラストを、手描きタッチで表現しました。
本物の写真やポストカード、切り抜きを貼ってもおしゃれです。
pwa401-02

それからもう1種類は、↓↓↓
◇品番W-WA315
プレミアムウォールデコシート(カントリーウッド/アイボリー系)

ニュアンス感のあるアイボリーカラーのウッドに、淡いブラウンの木目柄を施したデザイン。
リビングから子ども部屋まで幅広く使える、癒し系カラーです。

特に、1つ目のフレーム柄はめずらしい総柄。
「手描き風の額縁が可愛い」とご好評をいただいています。

はがせるシール壁紙だから、模様替えも気軽
無地の壁に飽きたら、柄モノの壁をおすすめします。

■Aさまのリフォーム、スタート!

では、Aさまの施工の様子に戻りますね。
まずは、【ビフォー】の写真をご覧ください。
【Before】 
001



マスキングテープmtCASAを使ったストライプの壁もかわいくてお気に入りだったのですが、

もう何年か経つし気分転換にチェンジしてみようかということになり。

マステをペラペラっと剥がします。



Aさま、リフォーム前はマステを貼っていらっしゃったんですね。

リフォームのきっかけは、「汚れや色あせが気になるから」だけではありません
このAさまのように、「気分を変えたい」「イメージを変えたい」というケースもあるんですよ


002


マステをはがすとこのように。↓↓↓
004


以前Martの撮影でも使わせていただき、貼りやすさは保証済み!!

幅が53㎝と細いので、女性一人でもめちゃ貼りやすいんです!!

Aさまの言う通り、幅は約53cmで持ちやすさ、貼りやすさ抜群!

ほぼ、人の肩幅くらいですからラクに作業できるんです。

(ちなみに、Aさまが【ビフォー】で使っていたマスキングテープは、DIYショップ「ルームファクトリー」でも取扱いしていますので、あわせてチェックしてみてくださいね)

20edb0d9-s



    まずは天井の高さを測ります。
 

564e68b7-s

プレミアムウォールデコシート
は、裏面にマス目が入っているのでまっすぐ切れますよ。

37d86ab1-s


実際の高さよりも5センチくらい長めにカットします。
 
そして上をぴったりではなく少し余らせて貼ります。

今までの我が家にはない雰囲気でワクワク。
 
16bd6b23-s



   付属のスキージーはまた定規などで中心から外に向かって空気を逃がします。
 


Aさまは定規をお使いですね。
スキージーとはこのようなものです。↓↓↓
カッターナイフやはさみ、スキージーが壁のリフォームをやりやすくしてくれます。
DSC_0101
 
41493268-s


貼り終えたら上下をカッターできれいにカットすればOK!!

このような手順でどんどん貼って行きます。
 

■細かいところも丁寧に


e6585bb7-s
5eb3e980-s



コンセントがある場所はコンセントカバーを外します。

一つ目はマイナスドライバーなどでパカッと取れます。

二つ目のカバーはネジを外して取りましょう。
 
 
今までご紹介したお客様と同じように、Aさまもコンセントカバーを外していらっしゃいます。

このひと手間で、仕上がりがグッとキレイになるんですよ。

Aさまは、フレーム柄を張り終わった後、別の面の壁は
◇品番W-WA315
プレミアムウォールデコシート(カントリーウッド/アイボリー系)
をお使いになりました。 


f5a05fbd-s

こちら側の壁は白の板目調にしました。

このように簡単に一人でも貼れましたよー!
 

■何かと融通が利くDIY
309b08c6-s



って下が足りてない…。

私何を間違えたんだろう…。発注ミスですね。

ま、ここは家具で隠れるので良しとしよう。
 
ノープロブレム

自分でやるDIYだから、

壁の面によって柄を使い分けてもOK!

家具で隠れるところは、全部貼らなくてもOK!


だから、気負わずにトライできるんですよね。

■子ども部屋リフォーム完了!

そして、リフォーム完成

【アフター】の写真をご覧ください。

【After】
4afce2db-s


床にはカーペットを敷き、シェルフはラベンダー色にペイント。

カーテンだった窓辺はバーチカルブラインドに。

以前よりもちょっと大人っぽくなった子供スペース。

しばらくはこんなかんじで楽しみたいと思います。
 
もう一度、【ビフォー】をご覧ください。
【Before】 
001

改めてみると、本当に雰囲気が変わりましたね。

子どもはどんどん成長します。
年齢に合わせて持ち物の好みが変わりますから、お部屋の雰囲気を変えるのもGOOD

お子さまと相談しながら、作業も一緒にやるのも楽しいですよ

Aさま、とってもすてきなリフォームのレポートをありがとうございました